新しいコミュニティを創る取組み
装飾1
装飾2

環境 BCP 自治体
EVバス・トラック運用

実証で得た知見をもとに
導入から運用までワンストップサポート

抱えていた問題

昨今、CO2排出を減らす低炭素社会から2050年までに実質的にゼロを目指す脱炭素社会が求められています。その実現に向けて期待されているのが環境に優しいEVバス・トラックの導入です。

しかしEVバス・トラックには導入コストが不透明、補助金の申請に手間がかかる、などの様々な課題があるため、最初のステップが踏み出せない自治体などが多くあります。

装飾3
装飾4
環境対策

環境対策

カーボンニュートラルの実現に向けて、環境にやさしい車両を走らせたい。

BCP対策の一環

BCP対策の一環

災害時に休憩所や携帯などを充電できるEV車を使ってBCP対策をしたい。

自治体またはバス・トラック事業者関係

自治体または
バス・トラック事業者関係

EVバス・トラックを導入したいが、導入コストや充電スポットなどの課題から、なかなか実現しない。

事業創造本部からのご提案

装飾5
装飾6
装飾7
電気事業で得た知見×実証で得た知見で
EVバス・トラックの導入から運用までお手伝い

事業創造本部では、CO2削減の取組みとして、公共交通におけるEVバス・トラックの実証を行なっています。
環境モデル都市である飯田市・信南交通と協定を締結して行った実証では、飯田市の市民バス路線の一部においてEVバスの導入・運行を実現しております。
物流・運輸事業者等の車両電動化を通じて、CO2削減に貢献するとともに、電動車両の蓄電機能を活用したBCP対策や再生可能エネルギーのさらなる活用について実証を行っています。

「電気事業を通して得た電力供給や電気工事に関わる幅広い知見」と「実証を通して得たEVバス・トラックや充電器に関わる幅広い知見」を掛け合わせることで、EVバス・トラックの導入から運用までワンストップでサポートします。

車両電動化に伴うCO2削減および地域の再生可能エネルギーを活用したゼロエミッション達成

BCP対策によるEVバスの新たな価値の創出

車両電動化の実用化に向けて、再生可能エネルギーの利用拡大・電気料金の抑制などを実証

EVバス導入による効果を実証

課題解決のプロセス

装飾8
装飾9

導入路線の選定

  • PR効果の高い路線を選定し、その中で走行距離や充電場所を踏まえ、EVバスが運行できる路線を選定します。
導入路線の選定

車両の選定・調達

  • 現在の乗車人数から大型、小型を選定し、どのくらいの電池を積んでいるかを確認します。EVバスは一般的に発注して納車まで6ヶ月以上を要するため納期に注意する必要があります。
    国内のEVバスの導入台数がまだ少ないため、メーカーの保証内容を細かく確認することも重要です。
車両の選定・調達

充電器の選定・調達・工事

  • 充電器毎に特性があり、車両や車両の運用に応じた充電器を選定することが重要です。また、設置場所は、一見駐車しやすい場所でも電気工事費が高くなる場合があります。
    そのため充電器の選定から、駐車のしやすさ、充電器の使いやすさ、工事費などを総合的に勘案して検討する必要があります。
    さらに、充電器の設置工事には遵守すべき法令があることにも注意が必要です。
充電器の選定・調達・工事

補助金の申請

  • 現時点ではEVバスの導入費用は高いため、補助金をうまく活用することでコストを削減することができます。どの補助金を使うのか、いつまでにどの補助金を申請するのか、補助金の内容を十分に理解する必要があります。
補助金の申請

利用者の声

装飾10
装飾11

新太田タクシー株式会社

EVバスを利用する新太田タクシー株式会社からの声
飯田市民
車内にUSBポートがあり、充電できるので非常に助かります。(学生、会社員)
信南交通
ディーゼルバスに比べて、整備部分が少ないのもいいです。(新太田タクシー)

信南交通株式会社

飯田市民
騒音が少なく、環境に優しい気がします。社内にUSBポートがあって助かります。(飯田市民)
信南交通
EVバス導入時、具体的に何をすればいいか分かりませんでしたが、補助金の申請から安価な充電設備の提案や経済的な充電器の制御など、いろいろサポートして頂き助かりました。(信南交通)

ご質問やご要望などございましたら、お気軽に お問い合わせください。

※ 土・日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)は翌営業日以降に内容を確認させていただきます。

ページTOPへスクロール